COMPASSのモノづくりチーム

14

“共感の土台”づくりから始めるサービスデザイン

株式会社COMPASS デザイナーのパジェロです。 今回は、社内CMSの開発チームに配属されたときに最初に取り組んだことについて書いてみます。 弊社は、提供サービスである「Qubena」に搭載する教材コンテンツも自社開発しています。「コンテンツ制作チーム」が開発した「問題」や「解説」を管理しシステムと適切に連携させるために社内向けのCMSがあり、専用の開発チームが組織されているのですが、僕はそこに「情報設計」担当として配属されました。 期待されていたのはUXデザイナーとして

スキ
3

EdTech企業が中学校のキャリア教育に協力した話

こんにちは!株式会社COMPASS 取締役の常盤です。COMPASSは「新しい学びの環境を創り出す」をミッションに掲げ、小中学生に対してAI型教材Qubena (キュビナ)を提供している会社です。 皆さんは小・中学生の頃のキャリア教育に何をしたか覚えていますか?私は学校の近くにあった和菓子工場を見学するという課外授業を受けました。そこで初めて大人の人が働く様子を見て、とても新鮮だったことを覚えています。地域の企業や大学・専門学校などが協力するも多いキャリア教育ですが、先日C

スキ
6

入社直後から賞与(ボーナス)が支給されるように人事制度を改善した話

こんにちは!株式会社COMPASS 取締役の常盤です。COMPASSは「新しい学びの環境を創り出す」をミッションに掲げ、小中学生に対してAI型教材Qubena (キュビナ)を提供している会社です。 皆さんの会社では賞与はどのように支給されますか?賞与に関わる制度は会社によって様々で、年棒制で賞与はなしということもあれば、年収内の賞与の割合が高い会社もあったりします。COMPASSでは、先日の人事制度改定のタイミングで、MBO目標の達成度と連動して年に2回賞与を支給することに

スキ
9

QAアーキテクチャの設計で品質保証の全体像を整理しよう

こんにちは!QAエンジニアの入間川です。 株式会社COMPASSという小中学生向けAI型教材「Qubena(キュビナ)」を開発・提供する会社でプロダクトの品質保証を担当しています。 本記事では「QAアーキテクチャ」と呼ばれる品質保証の基本構造・基本方針を設計するための考え方について、西康晴 QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証 2016 電気通信大学 から学んだ内容をアウトプットしていければと思います! 品質保証における課題 QAとして日々活動する

スキ
17

ユーザー(教育現場)に近い距離でプロダクトを開発するQubenaのこだわり

こんにちは!株式会社COMPASS 取締役の常盤です。COMPASSは「新しい学びの環境を創り出す」をミッションに掲げ、小中学生に対してAI型教材Qubena (キュビナ)を提供している会社です。 COMPASSでは創業以来、ユーザーと近い距離でプロダクトを開発することをとにかく大切にしてきました。学習塾向けにサービス提供をしていた頃は、オフィス内にQubena Academyという直営の学習塾を設置し、いつでもユーザーがプロダクトを使っている様子を観察できるようにしていま

スキ
10

ふりかえりをカイゼンする

ふりかえりのふりかえり前回の記事ではふりかえりを短期間でやることになりましたが,いつの間にか「ふりかえりをやること」自体が目的化してしまい上手くいかなくなってしまいました。先日,MTGで「手段が目的化」することに気をつけようという話が出ましたが,これは常に意識しないといけないと思います。 ふりかえりが上手く回らなくなったことで,「ふりかえりガイドブック(森 一樹,翔泳社)」を読み込み,私1人でふりかえりのふりかえりをやってみたところ,以下の点が原因かと思いました。 ・ふり

スキ
3

仕組み化によって、運用保守の属人化を防ぎつつ、問い合わせ対応を高速化した話

こんにちは!株式会社COMPASS 取締役の常盤です。COMPASSは「新しい学びの環境を創り出す」をミッションに掲げ、小中学生に対してAI型教材Qubena (キュビナ)を提供している会社です。 プロダクト開発に取り組むにあたり、新規機能の開発と運用保守のバランスに悩む会社も多いのではないでしょうか。COMPASSもそうした悩みを抱えていて、Qubenaを2016年に正式リリースしてから「もっと機能を追加したい!」と「ユーザーの困り事を解消しないと!」の狭間で揺れてきまし

スキ
6

短期間でのふりかえり〜成功と失敗と

アジャイル的な開発を始めて前記事の最後に書いたように、2021年4月からコンテンツチームの仕事の進め方をアジャイル的にやることとしました。それに伴い、イテレーションの組み立て、おひろめ会(レビュー)、ふりかえり(レトロスペクティブ)といったイベントをこなす必要性が出てきました。ユーザーの意見を聞きながら短期間でカイゼンを繰り返していきたいという、意識は以前からありましたが、仕事の仕方をガラッと変えることへの不安や難しさも感じていました。ディレクターに推薦してくれた上司から教え

スキ
3

映画ジュラシックワールドで学ぼう!QualityAssuarance(品質保証)

こんにちは!QAエンジニアの入間川です。 株式会社COMPASSという小中学生向けAI型教材「Qubena(キュビナ)」を開発・提供する会社でプロダクトの品質保証を担当しています。 QAって何?  あまり聞き慣れていない方もいらっしゃると思いますが、ソフトウェアの開発現場には、「QA(QualityAssuarance)」と呼ばれるプロダクトの品質保証を行う役割が存在します。  世に出る前の開発途中のプロダクトを様々な方法でテストして不具合を発見し、品質を高めることが主な

スキ
12

ふりかえりは短期間のサイクルでやろう!

定期的なふりかえりをやっていなかった2021年3月まで自分が所属していた「教材チーム」の仕事の進め方は、「いついつまでに、何年生から何年生までにおいて、5教科を用意する」といったものが最初に決まり、それからガントチャートを作成して、そこから遅れないようにする、といういわゆる「ウォーターフォール」形式の進め方でした。 定例会は週1で行い、問題や上手く行った事例の共有・相談も行いますが、メインの目的は進捗の共有であり、「ふりかえり」をやっているという意識はありませんでした。

スキ
3